現状を打破するための仕事の考え方

いきなりですが PDCAサイクルってご存知ですか?

・PLAN プラン

・DO ドゥ

・CHECK チェック

・ACTION アクション

と呼ばれるものです。このPDCAサイクルを意識して仕事に取り組むだけで

見違えるほど成果が変わってきます。

PDCAサイクルを簡単に説明すると

① 計画する

② 行動する

③ 評価する

④ 改善する


http://www.hospital.kasugai.aichi.jpより

何かを計画して、行動し、結果を評価し、改善し、また計画する

この繰り返しです。単純明快な意見だなと思いませんか?

PDCAサイクルをきちんとやっていけば絶対に成果は出てくるしょう。


ここだけの話ほとんどの企業が

PDCAサイクルを行っていないのです。


もっとPDCAきちんと理解して仕事すればいいのに。と思うことが多々ありました。

同じ仕事をするのならばPDCAを常に意識して仕事をしていないと本当にもったいないのです。


自分で表を作り一つ一つ、

計画し、実行し、評価し、改善する。これを繰り返し行ってください。

意識してやっている、意識どころかPDCAってなに?という人が同じ仕事をした5年後。。。

雲泥の差がつくのは目にみえています。

初心者めーかー's Ownd

誰にでも出来るホームページ制作のお手伝い係を担当します!吾輩の猫の手をあなたにお貸しするにゃ。そこのあなた!ホームページ作りを諦るのはまだ早い! ※サイトを公開して10日間で1日のviewが600を超えるようになりました。 閲覧ありがとうございます。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • 初心者めーかー

    2017.05.29 13:33

    @田所稲造@n-tadokoro様こんばんは。おっしゃる通りです!改善しようとすれば社風や固定概念がしみついてますし、方式を導入する以前にマインドをどこに持っていけるかが重要だと思うのですが、中々上手くはいかないのが現実ですよね汗
  • 田所稲造

    2017.05.29 10:36

    どうも、ネットウイングスですよ。こんばんは。PDCAサイクル、トヨタ自動車が日本で最初にやり始めた「カンバン・カイゼン」方式ですね。これ、結構会社を立ち上げようとすると、なかなか難しいものです。それ専門の部署が置ければいいし、トップが理解できていればいいのですが、いったんできてしまうと、マンネリズムを解消するのが厄介です、はい。