初心者めーかー

記事一覧(67)

リテンションマーケティングとは

リテンションマーケティングとは?我輩が一番大事だと思うマーケティング用語です。先ず、リテンションとはお客様との関係を維特していくためのマーケティング活動の事です。調べた所日本リテンションマーケティング協会があることが分かる。そこを検索すれば心理学的な面白い内容文章なので是非とも検索して頂きたい。我輩的にいうと…お客様と長い間お付き合いする為の人間関係いわゆる、『飽きさせない仕掛けや信頼度』だと感じます。いくら小手先の技術が100%素晴らしいものが整っていてもお客様との関係が崩れれば一瞬で終わりです。例えば…『拘りのラーメン屋』味が良く大にぎわいで全国的に繁盛していたが世代交代で人のニーズが変われば『拘りすぎて飽きがきたり、うんちくを聞くのが嫌になったり、食べ方を強制されたり』拘りのマンネリ化でお客様はあきて次の新しいものに乗り替えたり拘りのラーメン屋ではなく行き着くところは『普通のラーメン屋』が無難に生き残っていたりする(笑)今では…ニーズに合わせた・他社にはない魅力・飽きさせないメニュー・ライン@等でリピートに繋がる接触頻度を繋げたり目先ではなく先をみて信頼、信用度を高める為にお客様の『心理面』と『実態面』を把握しながら細やかな仕組みを作り上げている個人経営者は実に少ない感じがしますが今からは『リテンションマーケティング』を理解していく人やそれを伝える側の人材が明らかに増えていくと感じます。これはマーケティングだけではなく人間関係やコミュニケーション力として既に色んな分野で指導者として増えている事だろう!名前を少し変えたら色んな分野で活動出来て期待できる人材だと我輩も目を光らせています。今回も最後までありがとうございました。

カスタマーリレーションシップマネジメントとは

かすたまー・りれーしょんしっぷ・まねじめんと…とはマーケティング用語を調べると横文字がほとんどで、訳して頭文字をとって訳した英語が飛び交うのが一般的になっている。我輩の親戚でどうも横文字、英語が苦手だ!という方がいるので今日のお題始まりは『ひらがな』で書いてみました(笑)訳してCRMその内容とは特定の顧客(見込み客)と断続的に築き上げ、その売上利益や企業の価値を向上する為に細やかな分析などを用いるマーケティング手法です。もう1つ奥をいいますと一人のお客さんにとことん絞り上げたデータがポイントになります。例えば…名前、性別、年齢、職種、家族構成、趣味、一番何にお金を使うか?外食は良くするのか?お酒を飲む、タバコを吸う…など。個人経営飲食店(お好み焼き)が常連の一人を分析した場合の例題だと☆週に3回来店背景はAさん↓女性50代大家族経済的に潤う奥様美味しい食べ物が大好き、料理を作るのが好き、お喋り好き…等々△飲食店ではメニュー以外の注文は出来ないだろうし逆に言いにくいという思い込みあり。そこでオーナーは週に3回来店するヘビーユーザーの常連さんを虜にするサービスやコミュニケーションを常に飽きさせないように接客した。それは①常連さんにしか出さないメニューを提案提供し出してあげた。②美味しい調味料などを教えてあげた。③質問されたレシピを教えて上げた。④話をとことん聞いてあげた。その結果メニュー以外に無い1品を出してくれた事に感動してお土産を毎回持ってくるくらいのヘビーユーザーになり絶賛して次から次に知り合いを連れて紹介してくれるようになった。こうしてAさんを分析した結果食の話だけではなくメニュー以外を提供してくれた事がきっかけに虜になり根強いファンになり口コミが続くという連鎖が始まった。正に痒いところに手が届く様にAさんを色んな角度からリサーチ分析した結果週3回から5日になりプラス周りの口コミ紹介をして頂くというお店からすれば有り難い存在のお客様です。これが普通の味で普通の接客飽きがくれば今より自分にマッチしたお店を求めるだろう。最後にまとめるとお店側が→1お客様の分析信用を築き利益を上げる為になるリサーチ分析をすればデータがとれる(結果)という事です。この仕組みを作り上げるのには、長期間のデータやリサーチ力、全体を把握して根気よくコーチングする指導者が必要になるのではないかと我輩は感じるのです。最後までお付き合いありがとうございました。

リターンオンマーケティングインベストとは

(ROMI)とは…マーケティングの本場米国やヨーロッパ等で重要視されているらしいが日本でもやっとこのマーケティングの重要性が浸透してきたのかな?と感じます。その『リターン、オン、マーケティング、インベストメント』とは日本語では(マーケティング投資回収率という意味です。)重要なのがマーケティングにより収益をあげるために、施策内容と投資額、どのぐらいのリターンがあったのかそれらを正しく分析して数値化していくことが効果的な投資回収率ということです。更にその中でも企業と顧客との間の関係性も大事になり『お客様は神様です』という誰にでも平等に接する時代ではなく利益が出ないお客様を相手にするより企業が優良なお客様を選ぶことで利益が上がり続けるという事例もありこの内容を把握したマーケッターがバックにいる企業は従業員等の接し方も見たら一目瞭然に業界の人なら気付くだろう。その為、これからは長い目で先を見たしゅうえきを細かく分析して利益を出すマーケッターがこれからはとても重要視されるであるだろう。その反面、結果がでなければ逆に企業からすれば無だなコストになるので日本でも優れたマーケッター(光くん)を企業が目を光らせて探している事だろう(笑)そこには大卒だとか地位名誉関係無く面白い人物が今からの時代は必要されるのかもしれない…と我輩は今後は楽しみに企業の仕組みを見ていたい!今回も最後までお付き合い有難う☆

デマンドセンターとは

デマンドセンターとは?ー前置きー初めての方はマーケティング用語が分からず調べれば調べるほど横文字が出てきて頭が痛い!体験があるかもしれません。我輩もその一人でいまだに何でこんなにややこしく伝えるマーケティング用語ばかりなんだろうか?と多々感じます。これから初心者でも分かるように、なるべく砕いてお伝えします!デマンドセンターとはまず全体的な会社の組織がありその土台をしっかりとした仕組みで守るイメージを想像して下さい。過去のマーケティング用語で「デマンドジェネレーション」という①見込み客②見込み客の教育③見込み客の絞り混み以上の3つに分けられた用語がありました。あれ?なんだっけという方は→コチラ←をクリック。これから先は、3つの土台をしっかりとしたノウハウ(体験)を見極めたマーケティングプランナー、顧問、コーチング的な人材が必要なのです。現場作業で例えると家が1件建つのには現場監督がいます。その現場監督の指示のもと、足場や大工や塗装工と何件かの繋がる業者がいます。口だけの現場監督は、業者から嫌われて現場でギクシャクしながら仕事をしないといけない。その真逆で人脈を大切にする現場監督ならば、業者は気持ちよく仕事をしてくれ、さぞ捗るでしょう。こうして1つの家が建つ迄には、内部の一人として体験をしないと、気付きもしないのです。大企業にもあまり知られない裏の業者が沢山繋がっている事を中に入らないと分からない、また、それは幹部じゃないと分からない事もあるでしょう。しっかりとした組織を守るためには、全体を把握する確実な体験豊富な人物がいる企業はイケていると言えます。裏の隠れたコーチングバックアッププランナーがいたりする仕組みをデマンドセンターと言ったら分かりやすいかもしれないし、逆に確りとした土台が無ければ崩れるのも早いはずです。そういった視点でイケてない会社、イケてる会社をリサーチしてみたら面白い発見に気づけるかもしれません。

セールスリードとは

セールスリードとは?米国の特に営業系が使用するマーケティング用語は我輩が初めて聞いた時はチンプンカンプンだった(笑)けれども…今回のセールスリードは検索して調べても実にシンプルで分かりやすい用語です。セールスリードとは↓(将来的な見込み客)・展示会・WEB・お店などで商品を購入してくれそうお客さんの事です。日常で例題をあげると資格が大好きなゆう子さんは子育て中で家から放れることが出来ません。育児ノイローゼになった過去を反省して今流行りのメンタル系の資格を取得したくてネット検索をしました。自宅で簡単に出来る通販があることに気付きました。聞いたことのないメンタルの仕事が何種類かあり他にも興味がある無料資料要求をしました。それは・メンタルヘルス・エステ・カラーセラピーの3つです。3日後に資料が届き見てみると自分にも出来そうな気がしました。理由は・自宅でも資格が取得・低料金だった・アフターサービスが付いてお得を感じた。でも、まだ少し不安がありアポイントサービスに電話をしてみました。そうしたら思ったより丁寧親切に全て受け答えしてくれました。そして信頼度が増しメンタリストの資格を申し込みました。この流れでいうと資料要求をした事迄の流れまでをセールスリードです。こんな感じで通信会社から見ればフレーズを検索したらネットでいつでも公開しています。『メンタル』と検索したら沢山の情報がワンクリックで調べて自宅にいるだけで資格も取得、買い物や欲しい情報やモノが簡単に手に入る時代になりました。その時代にマッチしたマーケティングを大手企業から個人経営迄も苦闘している事だろう!最後に…見込み客(セールスリード)のファンを掴む=ハートを掴むにはあなたはどんな戦略をしますか?次回も分かりやすくお伝えします。最後までお付き合いありがとうございました。

デマンドジェネレーションとは

いつもの喫茶店でblogを書き始めるとジェネレーションギャップで分かんないよ~‼と偶然の声を聞き…内容は違うが5秒ガン見した我輩であった☺ということでお題のデマンドジェネレーションを日常の生活感を出しながら具体的に説明しましょう。例えば…ガソリンスタンドを想像して下さい。Xさんは近くのスタンドをいつも利用していましたが近所に最近大手モールができその中にスタントがあるのに気付きました。その時はスタントができてる❗くらいにしか思いませんでした。モールの中で買い物をすると全て揃うのでそこで買い物が増えました。あるときレジでレシートと一緒にクーポンを手渡されました。お釣りとレシートを財布に入れてクーポンを見てみるとモールのスタンドが2円割引と記載されています。とりあえず、財布に忍ばせて帰りました。翌日近所のスタンドに行きました。昨日入れたクーポンを後で見たらモールのスタンドの方が2円安かった事に気づきショックを受けました(笑)そこからモールに行くときに割引クーポン発行に目を光らせていました☺近所より安いのでモールの中でガソリンをいれていたらメルマガやライン@登録で更に5円安くなる書き出しを見てその場で両方登録しました。曜日になるとメールやライン@が届きます。そこにはティッシュペーパー一箱プレゼントやお得な情報が届くのでモールのスタンドリピーターになりましたとさ…😄この流れ全てがデマンドジェネレーション更に奥行きを言えば①レジでの割引券で→見込み客獲得②スタンドでメルマガ登録したことで→見込み客を育成③メールやライン@で確実にリピーターになる事で→見込み客絞り込み成功この例題3つ全てが含まれた事をデマンドジェネレーションといいます☺海外から上陸したマーケティング用語…横文字が弱い我輩には日本語に分かりやすく訳してほしい限りです。

アカウンドベースドマーケティングとは

小学生でも分かるマーケティング用語!?今、我輩の周りでも何やら一番注目され検索されているだろう『アカウンドベースドマーケティング』とはなんぞや?マーケティングに興味がある珍しい女性にであって質問されたにゃ~『マーケティング業語って何でみんな横文字なんだろう?意味がさっぱりわかりません!!』と言われた.勉強しなはれ!!と言えば簡単だ。業界の我輩達は挨拶の様に飛び交う言葉なのではじめての人から見ればさっぱり分からないのは当たり前だ!そこで我輩はいつもと違う角度で小学生でも分かる様に砕いて具体的にしてみたにゃ~ザクッとな単語の意味と例えだにゃ~アカウント『企業→(友達)』ベースド『基板(ポケモンgo)』マーケティング『リサーチなど→(ポケモンgo集め)』妄想プレイとして想像しながらきいてほしいんだにゃ~🐱ポケモンgo一筋の世界でもNo.1洞察力が半端ない。まるで動物の勘?ってやつかな?(笑)ポケモンgoの為ならリサーチマーケティングは欠かさない(笑)(本人はマーケティングと分かっていない(笑))日々友達をポケモンgoだけのために四六時中リサーチしているのだ。目に見えない何かを感じるのか?優秀な友達がいつも周りにいるのだ!世界的にも名が知れているランキングインしている人ばかりだにゃ~🐱これがまた結構普通の人なんだ(笑)何故?世界的にも有名になったのか?それはポケモンgoの為に友達になりながら篩をかけているのだ!信念↓・今、一番にgoをもってけるのか?・諦めずにやっていけるか?・同じ心差しをもっているのか?その心差しの矢が揃った時に発揮するパワーは恐るべくもので誰の阻止も通用しないくらいのポケモンgoを凄いスピードで獲得していく!振り分けていく基準をランキングでまとめるとこうだ!①四六時中毎日go②週末だけgo③勉強優先のgo②③の友達は程々に…あしらう①の友達だけに想いを注ぎ共に行動した結果土台と友達を見分ける日々のリサーチが実って選りすぐれた友達だけとタッグを組むことで世界的にも有名になったのだ!『ポケモンgoの神だ!』と言われる企業が今からは恐るべく注目されるのであろう。少し複雑になったかもしれないがこれだけは伝えたいアカウントベースドマーケティングとは「超お得意様に対して仕掛けるマーケティング戦略」のことである。と。